糖質制限・ロカボについて

こんにちは。砂糖不使用・焼きドーナツとアイスクリームの店Mikans Bake Shop の井川です。

アメブロから、こちらへ読みに来ていただいた方々、どうもありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願い致します。

台風10号通過中です。
現在のところ、時々風が強くなる程度で、雨はシトシトと降り続けている模様です。皆様、油断せずに安全にお過ごしください。

さて、「糖質制限」。
「糖質制限」を、とうに実践されている方々にとっては周知のことと思いますが、もう一度、簡単におさらいしてみようと思います。

糖質制限提唱の第一人者、江部康二先生によりますと、
 スーパー糖質制限:1日の糖質摂取量60g以下  一食20g以内の糖質量
 スタンダード糖質制限:1日の糖質摂取量80g~100g 一食あたり40~60gの糖質量
 プチ糖質制限:1日の糖質摂取量100g~140g 一食あたり40~60gの糖質量

また、「ロカボ」を提唱されている山田悟医師によりますと、
 ロカボ:1日の糖質摂取量70g~130g 一食あたり20~40gの糖質量にスイーツ10gの糖質量

糖尿病を改善または悪化させない為には、江部康二先生のスーパー糖質制限が必須だと考えます。
しかしながら、糖尿病未満の方々が健康維持・糖尿病予防・ダイエット・肌荒れ防止などの為に選ぶのは、スタンダード糖質制限、プチ糖質制限でも一定の効果があると思います。それは、私自身の経験からも言えることです。

江部先生が提唱される、「スタンダード糖質制限」と「プチ糖質制限」が、山田医師の提唱される「ロカボ」に相当すると考えると良いでしょう。

留意しておいた方が良いのは、『個人差』があるということ。
ダイエット一つを考えてみても、健常者の中にも、スーパー糖質制限をしても体重がなかなか落ちない方もいらっしゃれば、プチ糖質制限でも希望していたダイエット効果が見られる人もいらっしゃる・・ということです。

このサプリを何錠飲んだら痩せられる・・というダイエット法は、サプリに依存しているわけで、痩せられないのはサプリのせい・・ということになってしまいますが、糖質制限によるダイエットは、自分自身の体質を自分自身で見極めながら、自分の頭で考えて、結果を出す為に試行錯誤し、自分の意思で糖質摂取量をコントロールすることに他なりません。

・・・減量に関して、「運動は?」「脂質は?」という声もどこからか聞こえてきそうです。
それはまた、別の記事に書いていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です